飲食店の経営者は必見|今よりグンと売上アップ

導入前に知っておくこと

レジスター

様々なシステムで便利に

店舗運営で導入するレジスターは、顧客の買い物の会計をするために欠かせないものです。これはキャッシュドロワとレシート印刷がついているのが一般的ですが、実は業務形態に応じた様々な機能があります。また金額の入力などボタン式のアナログタイプがあれば、タッチパネル型があったり、複数のレジスターをネットワークで統括管理できるシステムも存在します。このようにレジスターの種類は実に豊富なもので、例えばネットワークで統括管理されるPOSレジシステムは、全てのレジと連携しているので即座に売り上げの管理ができ、在庫がなくなれば発注をするなど、リアルタイムで対応できるのが強みとなります。また飲食店向けのオーダーエントリーシステムも存在し、注文を受けることでキッチンのプリンタに印刷されることで調理の時間を短くしたり、会計を迅速に行えるなど便利なシステムとなっています。このようにレジスターの機能はシンプルであればあるほど安価で導入できますが、機能が豊富になればコストがかかる反面、在庫管理や会計が楽になることもあるので、自分の店舗に合ったものを選択することが大切です。また複雑な機能ほど導入時にはインターネット回線や店舗内のLAN配線、電源の確保などが必要になり、様々なコストがかかります。飲食店ならレジスターと連動するハンディがあると非常に便利ですが、商品をまとめて会計する場所では導入しても無駄になることが多いです。どこまでが必要で、どこからが不要なのか、それらを判断して導入を検討することが店舗運営の第一歩と言えるでしょう。