飲食店の経営者は必見|今よりグンと売上アップ

独立や経営に役立つ知識

お店

テナントを借りること

大阪で独立や経営などを行う際に、テナントを借りることについて熟知しておくと、後になって困るということがありません。貸店舗などのテナントを借りる際には当然ながら保証人が必要になり、これは大阪でも大阪以外でも違いはありません。この保証人というのは、保証会社を利用することで代替することが可能です。但し貸店舗を借りるために保証会社を利用するには条件があり、それを一言で言うと、資産的・社会的な信用が必要になります。貯金や収入があることや、安定した職を持っていることが資産的・社会的な信用がある人物の一例となるでしょう。ここで、資産的・社会的な信用を手に入れるにはどうすればよいかという話になりますが、次の2つのことに気を付けていれば多くのケースでその問題を解決し、貸店舗の契約に繋がります。まず1つ目として、職がなければ開業届を大阪の税務署に提出することが推奨されます。それを行った時点でその人は自営業者であり、実態はともかくとして職がないという信用面でネックとなる状況から脱することができます。次に2つ目として融資を受けた痕跡を残さずに貯金を増やすことが、開業志望者によっては欠かせません。これは知人からすぐ返すことを前提に数百万円程度借りればよいでしょう。そして、もしすでに手元に資金があったり、社会的信用にも問題がない場合には、スムーズに保証会社の審査も通り、契約もスムーズに行きます。貸店舗の契約ができた後には、集客方法などについてコンサル会社に相談したり、開店にむけて頑張りましょう。